(天草)ひまわり農場、代表鶏締役tuyocの日記です。バツイチ独身39歳革命家。崖っぷちに立ったら?飛ぶしかねぇだろ!というロックな人間だが、崖に気付かない能天気人間でもあるので、だいたい飛ぶ事はない。
by tuyoc39
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
facebookやってますw
at 2012-10-28 21:59
エコエッグ生産終了のお知らせ
at 2011-10-15 18:59
雄鶏ときを告げる
at 2011-08-20 23:20
季節は巡る
at 2011-03-23 08:34
たま子さんとたま美さん
at 2011-03-06 18:39
再び野犬を追跡する。
at 2011-02-24 07:15
2011梅花天気予報
at 2011-02-22 06:17
あなたに渡した名刺から
at 2011-02-01 07:12
見分けがつきません
at 2010-12-15 05:37
何を食べれば良いのだろう
at 2010-10-07 07:58
以前の記事
最新のトラックバック
たま子さんとたま美さん
from (天草)ひまわり農場 代表鶏..
再び野犬を追跡する。
from (天草)ひまわり農場 代表鶏..
再び野犬を追跡する。
from (天草)ひまわり農場 代表鶏..
水道復旧
from (天草)ひまわり農場 代表鶏..
オッサンやねぇ
from ひまわり農場、代表鶏締役日記。
フォロー中のブログ

カテゴリ:経営理念( 2 )

何を食べれば良いのだろう

本物の食物について考えることが私の周囲でブームらしい。
そんな訳で、私も考えている、うんと考えている。
考え込んでいる。

生命力の強い野菜は腐敗しないという。
放置しておくと、ただ乾燥して枯れていくのみだそうだ。
そんな話を聞くと「凄い!」と思ってしまうが、そんな野菜は消化に悪いという反論もある。
なるほど、腐敗とは微生物による分解作用であるが、そのプロセスは我々の体内で起っている「消化」とよく似ている。土から芽生えたものが再び土に還っていくのと同様のプロセスが、自分自身の体内にもあると考えるのはなかなか愉快だ。どろんこを汚いと思ってしまうのは、自らの排泄物に似ているからではないかという説も面白い。
そんな訳で、生命力の強い野菜を食べるべきなのか否か、よく判らなくなっているのだが、腐敗しない野菜というものを一度この目で見てみたいような気はする。

畜産物についても考えている。
野生動物がどんなものを食べているかというのは、我々が食べるべき物についての指針を与えてくれていると思うのであるが、健康な動物とそうでない動物とでは、どちらが肉食動物に捕食され易いだろう。
健康で元気に飛び跳ねているよりも、でっぷりと肥えた愚鈍なカモシカの方にこそ、ライオンは舌なめずりしている筈だ。
畜産物の旨味は脂肪にあるといわれるが、我々に残された「野性の記憶」が、脂肪に旨味を感じさせているのかもしれない。健康な家畜と、美味い畜産物とは必ずしもイコールではない。


とはいえ、わざわざ生命力の乏しい野菜や、不健康な鶏を育てるつもりはない。
目指すべき方向は、作為を排して、より「自然に近く」ということだろう。
そして、人生にあっては健康を目的にするのではなく、QOL(クオリティ オブ ライフ)こそを向上させていきたい。




人気ブログランキングへ
[PR]
by tuyoc39 | 2010-10-07 07:58 | 経営理念

ひまわり農場が目指すもの


~世界平和の実現~
ひまわり農場の大きな目標は世界平和の実現です。ささやかな目標は家庭平和の実現です。個人の幸せ、家庭の平和、そういったものの延長上にあるんじゃないかな?世界平和ってものが。そんなことを考えながら僕らは種を蒔き続けます。

適正技術を考える
アメリカの半乾燥地帯での大 規模農業、降水量を上回る 量の地下水を汲上げて灌漑、これは適正技術だろうか。
ここで生産された穀物を大量に輸入して行われる日本の畜産、これは適正技術だろうか。
水分の多い生ゴミに石油をかけて無理矢理燃やす焼却場、これは適正技術だろうか。
家畜を狭い檻に閉じ込めて飼うのは、これは適正技術だろうか。 鶏の脚は、翼は何の為にあるのか、それを活かせない養鶏は果して、これは適正技術だろうか。

僕らは選ぶことが出来る
私たちはこの世界のかわいそうな被害者ではないと考えます。生産者は生産活動を通じて、消費者は購買行動を通じて世界に働きかけることが出来ます。それは大海の一滴のようなものかもしれませんが大海の水も小さな滴が集まって出来ているのだと思います。私たちは何を買うか(買わないか)選択することができます。
ひまわり農場は飼料を買わないことを選択しました。地域の残飯等を回収して鶏を
飼うことを選択しました。1/5の人口が 餓えに苦しむこの不平等な世界に対するささやかな抵抗です。
世界平和の味がする?ひまわり農場の卵を、みなさんの多くの選択肢の一つとして加えていただけると幸いです。

みんな違って、みんないい。
餌の材料が残飯ですから、その内容は毎日違います。ですから卵の味、卵の色など一個一個すべて違います。しかし毎日同じ味のする卵を食べる必要があるでしょうか。卵一個一個の個性の違いを感じ、卵との一期一会の出会いを楽しんで頂ければ幸いです。

あなたの恋人♡ひまわり農場~提携するということ~
この卵はお金では買えません。なぜなら、この卵は商品ではないからです。友人、恋人、家族、大切なものは何一つお金で買うことは出来ません。あなたの志で卵を買って下さい。ひまわり農場は、あなたの友人であり、恋人であり、家族でありたいと願って います。それが(生産者、消費者間の)提携ということであると思います。とはいえ、現象面だけをとらえれば、僕らのやっていることは一般の商取引きと何ら変わるものではありません。それを提携関係にするか産直・直売関係にするかは、僕らの気持ち次第です。お互いに感謝することを忘れず、気持ち良くつきあって行きたいものです。
[PR]
by tuyoc39 | 2004-06-22 21:57 | 経営理念