人気ブログランキング |

(天草)ひまわり農場、代表鶏締役tuyocの日記です。バツイチ独身39歳革命家。崖っぷちに立ったら?飛ぶしかねぇだろ!というロックな人間だが、崖に気付かない能天気人間でもあるので、だいたい飛ぶ事はない。
by tuyoc39
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
facebookやってますw
at 2012-10-28 21:59
エコエッグ生産終了のお知らせ
at 2011-10-15 18:59
雄鶏ときを告げる
at 2011-08-20 23:20
季節は巡る
at 2011-03-23 08:34
たま子さんとたま美さん
at 2011-03-06 18:39
再び野犬を追跡する。
at 2011-02-24 07:15
2011梅花天気予報
at 2011-02-22 06:17
あなたに渡した名刺から
at 2011-02-01 07:12
見分けがつきません
at 2010-12-15 05:37
何を食べれば良いのだろう
at 2010-10-07 07:58
以前の記事
最新のトラックバック
mouse click ..
from mouse click th..
ブライトリング 時間合わ..
from ブライトリング 時間合わせ ..
iwc 時計 オフィシャ..
from iwc 時計 オフィシャル ..
mouse click ..
from mouse click th..
www.cosl.com..
from www.cosl.com.sg
フォロー中のブログ

カテゴリ:スロー( 37 )

見分けがつきません

子供達を連れて本格的に移住してきた三毛猫のミケランジェロさんですが、子供達が本当に可愛いです。
a0030256_523827.jpg
a0030256_5235443.jpg
色の白いは七難隠すと言いますけどもね、
白すぎだろ!いくらなんでも。
もう全く見分けがつきません。
しっぽの先の曲がり具合まで、型にはめたようにそっくり!!




人気ブログランキングへ
by tuyoc39 | 2010-12-15 05:37 | スロー | Trackback | Comments(0)

今日のお客様

今日のお客様はミケランジェロさんです。
a0030256_2216452.jpg
ミケランジェロさんはとってもシャイな方で、こちらから近寄って行くと何食わぬ顔でトコトコと歩いて行ってしまわれますが、こちらのことには何やら興味がおありのようで、知らん顔をしているといつの間にか近くまで来て様子を窺っていらっしゃいます。
ふと気が付くと、お隠れになっているつもりなのでしょうか?ネコ車の下からこちらをじっと見ておられました。
ネコ車の下から!!
写真を撮らせていただこうと、ただそう思っただけでございます。
a0030256_22262192.jpg
ネコビ〜〜〜ム!!グハっ!!やられた!

人気ブログランキングへ何かすいません
by tuyoc39 | 2010-07-20 22:44 | スロー | Trackback(1) | Comments(0)

あけび発見!

a0030256_58859.jpg
春に撮ったアケビの雌花です。濃い赤紫色で高貴な感じがしますね。アケビは雌雄異花で、自分の花粉では受粉しない自家不和合性があるので花がたくさん咲く割に実はあまりなりません。

a0030256_585955.jpg
現在の状況です。何処になっているか分かりますか?葉と同じ色をしているのでなかなか見つかりませんが、隠し絵のようにふとした瞬間に見つかることがあります。写真のアケビも鶏舎のすぐ傍になっていて、毎日見ていた筈なのに今まで全く気付きませんでした。でも、一つ見つけると次々見つかるようになります。
アケビの収穫適期はごく短く、一日採り遅れると野鳥との競争に負けてしまいます。今のうちに出来るだけたくさんのアケビを見つけておきたいと思います。

a0030256_595369.jpg
フラッシュを焚いてみました。


人気ブログランキングへ いつもありがとうございます。
by tuyoc39 | 2010-07-11 23:18 | スロー | Trackback | Comments(0)

海仕事(家庭製塩のすすめ)

誤字ではありません。前回は「梅」仕事でしたが、今回は「海」仕事です。
そして、家庭菜園ならぬ家庭製塩です。
本邦初(たぶん)家庭製塩のすすめ、はじまりはじまり〜。

ちなみに私、かつて自然海塩の製造に従事しておりました、いわば元プロでございますので、大船に乗ったつもりでどうぞご一緒下さい。

日本においては塩の原料は海水と、太古の昔から相場は決まっていますので、まずは海水を汲みに身近な海に行きましょう。海まで遠いという方も、日本にお住まいなら、水の流れに従って歩んで行けば必ず海に辿り着ける筈です、日本は海に囲まれてるのですから。

水は流れながらあらゆるものを溶かし込み、海に注ぎます。
水に流したあの人への恨みもここに辿り着いて沈殿しているのでしょうか?そう考えると何か癒されますね(ナンデヤネン!)。
さて、辿り着いた先は海水を汲むのに相応しい海だったでしょうか?
幸いにして私が辿り着いたのはこんな海でした。みなさんどんな海に辿り着くでしょうか。
a0030256_21324918.jpg
海水中の塩分濃度はたったの3%ですから、河川などの淡水の流れ込みからはなるべく離れましょう。今回は20リットルの水缶2本、40リットル汲むことにします。40リットルの海水から計算上1.2kgの塩が出来る筈です。

a0030256_2134174.jpg
家の中から薪ストーブを持ち出しました。本来なら冬の間に部屋の暖房を兼ねてのんびりやりたいところですが、梅干し用の塩が足りないのでそうも言ってられません、我ながら間抜けです。
a0030256_21345055.jpg
普通の鍋です。40リットルの海水を炊くからといっても40リットル入る鍋が必要な訳ではありません。海水を補充しながら炊き詰めれば良いのです。
後はガンガン薪をくべて水分を蒸発させるのみ。水分を蒸発させるのだから蓋はしない方が良いのでは?と思われるかもしれませんが蓋がある方が沸騰した状態を保ち易いですし、沸騰させなければ水分はなかなか蒸発しません。

a0030256_21351450.jpg
重ねて言いますが、冬の間に部屋の暖房を兼ねてやるのが理想です。間違っても梅雨時に屋外でやることではありません。雨で中断を余儀なくされました。

a0030256_21353993.jpg
塩の主成分は塩化ナトリウムですが、塩化ナトリウムが結晶する前にカルシウムの化合物ができます。これは鍋の底で板状に固まった石膏(硫酸カルシウム)です。この段階で海水は5倍程に濃縮されています。
海水を濃縮したものを、鹹水(かんすい)といい、濃縮の過程を採鹹工程といいます。塩生産の現場ではこの工程を採鹹装置で行います。日本における「塩田」というのも採鹹装置の一種です。

a0030256_21364547.jpg
塩化ナトリウム、キタ〜!
表面に四角い結晶がキラキラと浮いてきました。途中の中断を除いて、ここまでに二日かかっています。
a0030256_21373315.jpg
ここで一旦漉してカルシウムを取り除きます。エコバックが便利です。
ここまでくれば後少し。鍋の底で固まらないようにかき混ぜながら炊き詰めていきます。

a0030256_21381567.jpg
炊き上がりました。途中の写真が無く早送りみたいになってしまいましたが、実際に塩化ナトリウムの結晶が始まってからは早いです。およそ2時間でこの状態。まだ水分が少し残っているのが分かりますでしょうか?これが「苦汁(にがり)」です。塩辛さは無く、ぴりっと苦い味がします。
炊き上げのタイミングは適当なのですが(笑)苦汁の味が目安になるでしょう。つまり、残っている液体に塩っけが無くなったら出来上がりです。
a0030256_21391012.jpg
塩と苦汁を分離しています。再びエコバックが活躍します。ある程度苦汁が抜けたら最後の仕上げは遠心分離機で軽く30秒程脱水します。
a0030256_21401459.jpg
この遠心分離機は洗濯もできる優れもので普段は主に洗濯に使っています。
【注意】コンセント周りには絶対に苦汁を付着させてはいけません。苦汁はよく電気を通しますので、感電しますよ!水みたいに簡単には乾かないしね!
a0030256_2141199.jpg
できあがり!
さて、梅干し漬けよ。

いかがだったでしょうか?
家庭で塩作りに取り組む方のお役に立てれば幸いです。
塩を作るということは海との繋がりを取り戻すことでもあります。塩専売制度が撤廃されて以降いろんな塩が市中に出回っていますが、どんな高級な塩を買ったとしても、海と繋がる体験は付いてはきませんよ。
あなたと繋がる、あなたの下流に位置する海は、今、どんな状態でしょうか?
多くの人が家庭製塩に取り組んだとき、海を取り巻く環境はどう変っていくのか?そんなことを夢想しながらこの項を閉じさせていただきます。ありがとうございます。


人気ブログランキングへいつもありがとうございます。
by tuyoc39 | 2010-06-21 09:12 | スロー | Trackback | Comments(3)

梅仕事(ウィスキーで浸けてみた)

今年は初めての試みとしてウィスキーで梅酒を浸けてみました。
初めてなのに4リットルって、我ながら冒険ですな。大きいボトルの方が買い得感があったのでつい(笑)
a0030256_68369.jpg
ディスカウントストアで一番安かったトリスです。アルコールの度数は37度と、ウィスキーにしては低めですが、それでも果実酒によく使うホワイトリカーよりは高いですね。ホワイトリカーで浸ける通常の梅酒は最低でも3ヶ月以上寝かせる必要がありますが、ウィスキーはアルコールの度数が高いせいでしょうか?1ヶ月くらいで飲めるそうですよ。

一応分量を書いておくと、ウィスキー約4L(ちょっと飲んじゃいました)、梅2キロちょっと、氷砂糖1キロ半、と適当です。
梅干しの塩分濃度は低すぎるとカビが生えてしまったりして都合が悪いですが、梅酒に入れる砂糖は好みに応じて加減して良いようです。実際、ホワイトリカーのパッケージに書いてある梅酒の作り方と、氷砂糖の袋に書いてあるそれとでは、2倍の開きがありますし。もちろん氷砂糖の袋に書いてある作り方の方が甘めのレシピになります。私は間をとって、ホワイトリカー1升に氷砂糖750グラムを目安にしています。
梅は青梅を使うのが定番ですが、熟した梅を使う方が華やかな香りになりますよ。

さて、次は梅干し。梅仕事は続きます。


合間にこんなこともしています。ヤマモモを採ってきました。
a0030256_682751.jpg
これからパン種を作ります。この時期限定のヤマモモ酵母パン、お楽しみに〜。

人気ブログランキングへ いつもありがとうございます
by tuyoc39 | 2010-06-15 08:26 | スロー | Trackback(8) | Comments(0)

今日の来訪者

またもユニークな来訪者あり。
同じ島内の水産加工会社の母娘。
娘さんが自給的な暮らしをしたいんだとか。
母ちゃんはちょっと心配そう。

キーワードはまたも「半農半X」。
最近の流行りらしいよ(?)。

でも、半農なんて言わないで農業にどっぷり浸かって、それに人生賭けてみるのも悪くない。
by tuyoc39 | 2006-08-25 01:28 | スロー | Trackback | Comments(0)

リフレッシュ!?

気分転換の必要を感じて、魚釣りに出かけた。
こんなことしていていいのか?という思いも半分。

でも、忙しい時に限ってどうしようもなく行きたくなるんだなぁ。
これって現実逃避?
だよね。
で、釣果は小魚が数匹。。。リリースしてきた。。。



待ってろ、明日はリベンジや〜。刺身を喰いながら晩酌するんや〜。
by tuyoc39 | 2006-08-23 00:40 | スロー | Trackback | Comments(4)

カラスウリの開花

a0030256_22513380.jpg
カラスウリのつぼみで〜す。
a0030256_2252049.jpg
もうすぐ開きま〜す。
a0030256_22525084.jpg
爆発だ〜!
a0030256_22531747.jpg
ふぅ〜 開きました。

問1.カラスウリの花はなぜ、このように美しくユニークな形状をしているのか、その進化の過程を考察せよ。
by tuyoc39 | 2006-08-16 23:10 | スロー | Trackback | Comments(4)

野いちご収穫

a0030256_11112678.jpg
野いちごを摘みに行った。野いちごを摘むなんて何年ぶりだろう?
例年、野いちごの熟す時期は桑の実が熟す時期とほぼ重なるので、たくさん収穫できる桑の実を優先して、野いちごをわざわざ収穫することはしなかったのだ。ところが今年は野いちごが桑の実に先行した。
去年の桑の実結実状況
何故今年は野いちごが早く熟したのか?分からないけど得した気分。
by tuyoc39 | 2006-05-14 11:42 | スロー | Trackback | Comments(0)

びっくりヒラタケ

ヒラタケ・・・だよな?
昨日に引き続きファンタジーの住人です。
あまりの大きさに、見つけた瞬間、唖然としましたが。
次の瞬間には声が出てました。
わ〜〜ぉ。
少し黄色っぽいのは、えのき茸です。
晩ご飯に頂きました。

a0030256_19223216.jpg
by tuyoc39 | 2006-01-15 19:23 | スロー | Trackback | Comments(2)