人気ブログランキング |

(天草)ひまわり農場、代表鶏締役tuyocの日記です。バツイチ独身39歳革命家。崖っぷちに立ったら?飛ぶしかねぇだろ!というロックな人間だが、崖に気付かない能天気人間でもあるので、だいたい飛ぶ事はない。
by tuyoc39
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
facebookやってますw
at 2012-10-28 21:59
エコエッグ生産終了のお知らせ
at 2011-10-15 18:59
雄鶏ときを告げる
at 2011-08-20 23:20
季節は巡る
at 2011-03-23 08:34
たま子さんとたま美さん
at 2011-03-06 18:39
再び野犬を追跡する。
at 2011-02-24 07:15
2011梅花天気予報
at 2011-02-22 06:17
あなたに渡した名刺から
at 2011-02-01 07:12
見分けがつきません
at 2010-12-15 05:37
何を食べれば良いのだろう
at 2010-10-07 07:58
以前の記事
最新のトラックバック
mouse click ..
from mouse click th..
ブライトリング 時間合わ..
from ブライトリング 時間合わせ ..
iwc 時計 オフィシャ..
from iwc 時計 オフィシャル ..
mouse click ..
from mouse click th..
www.cosl.com..
from www.cosl.com.sg
フォロー中のブログ

再び野犬を追跡する。

鶏の餌を夜な夜な漁りに来る奴がいるのである。

鶏舎周辺を公園のように美しく整備して、優雅にコーヒーブレイクを楽しもうと思いカフェスペースまで作ったのに、こうも毎晩無秩序に散らかされたら掃除をするほんの少しの意欲すら失われたとしても仕方のないことだろう。というのは言い訳なのであるが。

手口からして猫やテン、カラスなどではなく、そこそこ体重のある野犬か猪の仕業であろうとは思っていたが、近くで野犬のものらしき糞を発見した。そしてマント群落を形成する蔓植物の茂みの中へと続く獣道も。

何処まで続いているのだろうか。

立って歩くのは困難な茂みの中へと文字通り這うように入ってみた。
もう少しで茂みを抜けるというところで気配を感じ顔を上げると一匹の野犬が悠々と視界を横切って行くところだった。
白昼堂々こんな近くをうろついていやがった!と思いはしたものの、頭に血が昇らないのはこの状況のせいだ。
何せ立ち上がることも出来ない茂みの中で四つん這いという。
偵察中にうっかり敵陣深くに入り込んでしまったゲリラ兵士のようではないか。

映画ではこの後どうなるんだっけ?

ゲリラ兵士と違うのはこちらは完全に丸腰であるということだ。
無いとは思うが、万が一野犬が襲いかかってきたら?
圧倒的に不利な状況に自然と息を潜めていた。
奴はこちらに気付くことなく視界の端へ、別の茂みへと消えて行った。
茂みを抜け出し立ち上がったところで、走り出す気配がした。こちらに気が付いたらしい。
追ったところでどうなるという訳でもないが、追った。人間の怖さを思い知らせてやらねばなるまい。

すぐに道は左右へと分かれていた。
姿は見えない。
希望的観測で右へと行ったが、左は山へ登って行く道だ。
走っていると自分が立てる物音で周囲の気配が分からなくなるので、立ち止まり耳を澄ます。
時々カサコソと音が聞こえるが、あれは鳥だ。
引き返し山へと昇って行く。

この辺りはまだ俺の庭みたいなものと強がったとしても無駄だ、ここは奴の居間なのだから。

大雨の降った時だけ水が流れる水無川に沿って山を登って行く野犬を発見した。
と同時に川下の方で動くものを確認。
唐突に走り出した仲間を追ってきたのだろうか、二匹の野犬が水無川を走って来る。
こちらには気付いていない様子で、岩陰で待ち伏せしていると手が届きそうなところまでやってきた。
「コラ!」と一喝、二匹を混乱に陥れてから、先に登って行った一匹を追った。

しかし足場の悪い山道で四本足のあいつらに敵う訳が無いのである。

まあ、平坦な道でも敵わないのであるが。


過去の追跡はこちら


人気ブログランキングへ
# by tuyoc39 | 2011-02-24 07:15 | Trackback | Comments(0)

2011梅花天気予報

a0030256_540830.jpg


年末年始に当地では珍しい積雪があったりと寒い冬でしたが、だんだんと春めいてきました。梅の開花は例年より若干遅かったように思います。梅の花が上向きに咲く年は小雨の年、下向きに咲く年は雨が多いのだとか。そんな話を聞いて以来、毎年注意して見ています。確かに年毎に花の咲く向きというのは違いがあるようですが、それがその年の天候とどのくらい関連があるかは検証しきれていません。何となく当たっていなくもないような気がしないでもない程度に参考にしてみて下さい。

さて、今年の予報です。
例年、上向きの花が多いか、それとも下向きの花が多いかと、全体的な傾向を見るようにしているのですが、今年はきれいに横向き。満場一致で横向きです。今年は程々に照り、程々に降る一年になるでしょう。
当たるかな?
皆様も身近な梅で天候を占ってみて下さい。

a0030256_5403520.jpg

人気ブログランキングへ
# by tuyoc39 | 2011-02-22 06:17 | Trackback | Comments(0)

あなたに渡した名刺から

a0030256_782175.jpg


飛び出した鶏はここに居ますからね♪


人気ブログランキングへ
# by tuyoc39 | 2011-02-01 07:12 | Trackback | Comments(4)

見分けがつきません

子供達を連れて本格的に移住してきた三毛猫のミケランジェロさんですが、子供達が本当に可愛いです。
a0030256_523827.jpg
a0030256_5235443.jpg
色の白いは七難隠すと言いますけどもね、
白すぎだろ!いくらなんでも。
もう全く見分けがつきません。
しっぽの先の曲がり具合まで、型にはめたようにそっくり!!




人気ブログランキングへ
# by tuyoc39 | 2010-12-15 05:37 | スロー | Trackback | Comments(0)

何を食べれば良いのだろう

本物の食物について考えることが私の周囲でブームらしい。
そんな訳で、私も考えている、うんと考えている。
考え込んでいる。

生命力の強い野菜は腐敗しないという。
放置しておくと、ただ乾燥して枯れていくのみだそうだ。
そんな話を聞くと「凄い!」と思ってしまうが、そんな野菜は消化に悪いという反論もある。
なるほど、腐敗とは微生物による分解作用であるが、そのプロセスは我々の体内で起っている「消化」とよく似ている。土から芽生えたものが再び土に還っていくのと同様のプロセスが、自分自身の体内にもあると考えるのはなかなか愉快だ。どろんこを汚いと思ってしまうのは、自らの排泄物に似ているからではないかという説も面白い。
そんな訳で、生命力の強い野菜を食べるべきなのか否か、よく判らなくなっているのだが、腐敗しない野菜というものを一度この目で見てみたいような気はする。

畜産物についても考えている。
野生動物がどんなものを食べているかというのは、我々が食べるべき物についての指針を与えてくれていると思うのであるが、健康な動物とそうでない動物とでは、どちらが肉食動物に捕食され易いだろう。
健康で元気に飛び跳ねているよりも、でっぷりと肥えた愚鈍なカモシカの方にこそ、ライオンは舌なめずりしている筈だ。
畜産物の旨味は脂肪にあるといわれるが、我々に残された「野性の記憶」が、脂肪に旨味を感じさせているのかもしれない。健康な家畜と、美味い畜産物とは必ずしもイコールではない。


とはいえ、わざわざ生命力の乏しい野菜や、不健康な鶏を育てるつもりはない。
目指すべき方向は、作為を排して、より「自然に近く」ということだろう。
そして、人生にあっては健康を目的にするのではなく、QOL(クオリティ オブ ライフ)こそを向上させていきたい。




人気ブログランキングへ
# by tuyoc39 | 2010-10-07 07:58 | 経営理念 | Trackback | Comments(2)